第35話 安心工務店
2003.07.14

全国安心工務店一覧

弊社のサービスは、広島地域の皆様に地元の『安心工務店』を紹介しようというもの。
先頃、東京にある住関連専門の出版社、ハウジングエージェンシーから、全国安心工務店一覧という書籍が出版された。このたび出版されたのは、「首都圏版」だったが、これから「関西版」や「中国・四国・九州版」を出版していくという。

私が、(株)リック工房という会社から独立し、住宅専門の新サービスを始めるに当たって、ある方を通じて知り合ったのが、(株)ハウジングエージェンシーの三島社長だった。
三島社長は、リック工房の丸山社長が、積水ハウスでスーパーセールスマンと騒がれていた時代に本に取り上げた方でもあり、住宅業界で活躍するコンサルタントを何人も世に輩出している。

先日、ハウジングエージェンシーから小包が届いた。封を開けてみると、『全国安心工務店一覧』の最新刊と案内が入っていた。これから、中国・四国・九州版を作成するに当たって、あなたの知っている工務店を推薦して欲しいというものだった。大変光栄な話だ。

私は、リック工房時代に電化住宅推進の工務店ネットワークづくりの責任者をしていたため、西日本地区の工務店は3百社以上の面識がある。そのうち、年間最低1回は事務所に顔を出し、経営者と話したり現場を見せてもらったりしていた工務店も、中四国・関西で150社近くあった。また『雨楽な家』という、ブランド住宅の開発に伴ない広島で開催した視察・研修会でも、北海道や九州など、全国の工務店が高額な研修費を負担して参加いただいた。

私が『住宅CMサービス』というのをスタートさせたのも、このようなバックグラウンドがあったためだが、リック工房で活動する以前に勤務していた、住宅リフォームのFCチェーン『ミスタービルド広島』も含めると、北は新潟や福島、南は鹿児島までゆうに五百社を超える工務店に個別に接してきた。お陰でさまざまな工法や現場にも立会い、恐らく中四国地区では工務店を見極める目をもった第一人者だと自認している。

住宅は一生に一度の買い物となるケースがほとんどだ。設計図書や見積書、契約書なども、始めて目を通す方がほとんどなので、それが、自分が負担する対価に見合ったものなのか判断する物差しがない。例え書類に不備がなくても、施工技術に問題がないかもやはり判断が困難だ。住宅会社に10年以上在籍しているベテランでも、その会社の書類ややり方しか知らず、自社が競合他社に負けないほど書類が充実していると自認できている人はわずかでしかない。

だから、私は、施主側の立場で業者選択のアドバイスをしながら、業者側も育成するサービスが必要だと思っている。あまりにも施主側に立って業者側を困らせたり、やる気を失わせかねない強気の交渉をしても、結局、施工者が気持ちを込めたいい家の引渡しは期待できない。建築を知らない弁護士が欠陥住宅に取組んでも、法律上で問い詰めることしか出来ず「欠陥のない家に住みたい」という根源的な希望はほとんど解決できないのと同様だ。

インターネット上で「腕利きの工務店を紹介」といったようなサイトもあるが、インターネットで書類審査したくらいで「腕利き」と分かるほうがおかしい。安心工務店も、施主と、施工者と指導・育成する第三者が信頼関係を持って仕事をしていくうちに育っていくものだろう。

弊社で運営している『住宅CMサービス』は『安心工務店』のインキュベーション(孵化器)の役割を果たしていきたいと思っている。

全国安心工務店一覧®
ハウジングエージェンシー刊
首都圏にある129社の安心工務店のデータや施工事例が掲載されている。
地元の工務店選びの参考になるだろう。


Since2002 ©W's Network.co.,ltd. All rights reserved.