<第96号>断熱から遮熱へ・・・

2007.05.10

       【まぐまぐ公認 殿堂入りメルマガ!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.096━2007.05.10━

《隔週刊》 家┃づ┃く┃り┃で┃泣┃く┃人┃・┃笑┃う┃人┃
      ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛ 
                         〜第96号〜
   ◆家づくりは人生最大の「事業」
   ◆事業を成功に導くための、プロのコンサルタントの助言
   ◆あなたも「笑う人」になって豊かな生活を送りましょう!
                     《発行部数4,517部》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【今週のテーマ】

 ・断熱から遮熱へ・・・
 ・編集後記
●----------------------------------------------------------------
 このメルマガでは、
 現場監督からスタートし、マネジメントの専門家『中小企業診断士』資格を
 取得して、200社を超える住宅会社の経営指導をしてきた発行者が、
 家づくりという大きな「事業」に失敗しないノウハウを提供していきます。

 どこにも影響されない中立的な立場で、住宅業界の実態も伝えます!
 あなたの家づくりのセカンドオピニオンとしてお役立てください。

 ■発行者のプロフィールはこちら
  ↓  ↓  ↓
  http://www.cms-hiroshima.com/mailmag/profile.htm
----------------------------------------------------------------●
 こんにちは、発行者の若本です。

 ゴールデンウィークも終わりましたね。
 今週、久しぶりに東京に出張します。

 東京ビックサイトで開催されるイベントにも顔を出してみます。
 ネットだけでなく、私も実際に足を運んで情報収集です。

 私の本の出版社『ニューハウス出版』ほか、
 知人や後輩も出展している住宅関連のイベントが開催されます。

 ●スタイルハウジングEXPO 2007(5月11日〜)

 ⇒ http://www.g-hexpo.com/style/index.shtml

 前回のメルマガでご紹介した京都の高田さんですが、
 ネットの小冊子販売サイト『ワラゾン』で1位になったそうです。

 ⇒ http://www.warazon.com/media/2007021800041.html

 高田さんからお礼のメールがありました。
 まだお読みになっていない方はご購読をお勧めします!
 
 では、今週の本文の始まりです。 

--------------------------------------------------------------------
  ▼断熱から遮熱へ・・・  〜暑さ対策の秘策!〜
--------------------------------------------------------------------

 ゴールデンウィーク明けから、
 私の住む広島では日中は汗ばむ陽気になっています。

 今回のメルマガでは、住宅の「暑さ対策」について考えて行きます。
 単に「断熱性能」をあげるだけでいいのか?
 それとも・・・

 地震に対しても、従来は「耐震」一辺倒でした。
 しかし、最近は「制震」や「免震」という手法もあります。

 外力を「跳ね返す強さ!」だけでなく「受け流す柔軟さ」も効果的です。
 人間関係も同じですね・・・?!

       ●----------------------
          断熱の限界?
       -----------------------●

 この十数年、多くの住宅会社、工務店が断熱性能を高めてきました。
 高気密・高断熱を謳う会社も数多く出てきましたね。

 その多くが、北海道や北欧など「寒冷地仕様」を学んで、
 暖房効果の高い住宅を目指して家づくりをしてきたのです。
 ^^^^^^^^^^^^^^
 なぜなら、氷点下の外気温で室内を20度程度に保つためには、
 20度以上の温度差を埋めるエネルギーが必要です。

 しかし、夏は35度の外気温を25度程度に下げるのに、
 暖房ほどのエネルギーは必要ありません。

 しかも、風の流れをつくれば、発汗作用が促され、
 人は涼しさを感じるので、むかしは扇風機だけでも過ごせたのです。

 冬に気流があれば、ただでさえ乾燥しているので、
 気温以上に寒さを感じてしまいます。

 そこで24時間換気を切り、必要な換気量が確保できずに
 結露をさせているお宅も少なくありません。 (-_-;)

         ▽ ▼ ▽ 

 北欧では『無暖房住宅』が研究されています。
 北極圏に近いところで、無暖房が可能なのはなぜでしょう・・・?

 もちろん、断熱性能が高いのはいうまでもありません。
 壁の厚みが40センチもあるそうです。
 しかし、「断熱材だけ」では暖かくなりません。
 熱エネルギーは必要です。

 無暖房住宅は、生活のエネルギーだけで寒くない住宅を目指しました。
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それは、調理や照明器具、住む人から出る「熱」です。
 室内で生じた熱を出来るだけ逃がさないことで、無暖房としているのです。

 逆に考えると、真夏でも生活エネルギーは出ています。

 断熱性能が高くなるほど、室内で発生したエネルギーが逃げません。
 もちろん、真夏の日射で暖められると、小屋裏などは温度が上昇します。
 上昇のカーブは緩いものの、日没後もなかなか冷めてくれません。(-_-;)

 冬に熱を逃がさない「高断熱仕様」が、
 夏には逆にアダになり兼ねないのです。 (>_<)

       ●-------------------
          遮熱の時代?
       --------------------●

 高気密高断熱は、主に寒冷地で発達しました。
 夏は短く「熱帯夜」などは、ほどんどない地域です。
 湿度も低く、蒸し暑さを感じることもありません。

 「冬暖かく、夏涼しい・・・? ホント!?」

 しかし、高断熱住宅が冷房の効きが良くても、
 冷気は重いため、床近くに下りてきます。

 だから真夏には、屋根に近いところほど暑くなります。
 暖かい空気は上昇し、また天井からは屋根の熱が伝わってきているのです。

 「今日は熱帯夜かぁ・・・。また眠れないな〜 」

 多くの家庭で2階に寝室があるので、エアコンを切った深夜は、
 天井や小屋裏から放射される熱で「眠れない夜」を過ごします。

 高断熱であるほど、西側の壁や天井の熱が逃げないのです。(^_^;)

         ▽ ▼ ▽ 

 夏の炎天下に屋外に置いた車で考えてみましょう。

 一番効果的なのは、木陰の下など直射日光を当てないことです。
 つまり「熱を遮断する」ことですねっ!

 フロントガラスに日よけを置いて、
 窓を少し開けておくだけでも効果があります。

 車に帰ってきた時、助手席だけ窓を開け、
 運転席のドアを勢いよく4〜5回「開け閉め」するだけで涼しくなります。
 社内の空気を素早く入れ替えるだけで、すぐに数度、室温下がります。

 イメージできましたか・・・?

 夏の家の暑さも、建物の断熱性能だけでなく、
 太陽の熱を遮断したり、通気や換気で暖かい空気を逃がすことが重要です。

 このたび建築中の家は、遮熱も考えてみました。

 ⇒ http://esumai.livedoor.biz/archives/50756975.html

 ひと夏を越してみなければ効果は分かりませんが、
 費用対効果は高いと思います。

 昔の「すだれ」や「打ち水」なども、
 日本の夏を少しでも快適に過ごす知恵でした。

 深い庇など、夏の日差しを室内に入れないのが、
 亜熱帯から温帯気候に建つ「住まい」の基本かも知れません。

 ⇒ 次回発行に続く
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     ┏□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□┓
          ▼今週のワンポイント・アドバイス
     ┗□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□┛

 4月に事務所を移りました。
 とはいっても、同じビルの同じフロアで、部屋だけ移転です。

 ビルの最上階、西日が強い部屋なので、これからの暑さが課題です。

 実験的に、屋上部分に遮熱シートを敷いてみようと考えています。
 ビルオーナーの了解が必要ですが、
 ブロックで仮押さえして効果を確かめてみたいと思います。

 窓面には、遮熱のフィルムか遮熱塗料を考えています。

 自治体が補助金を助成している「屋上緑化」だけでなく、
 ヒートアイランド対策には「遮熱」もキーワードになるでしょう。

 花粉症も、体内に入ってから薬などで対処するよりも、
 体内に入らないようにガードするのが基本です!

 もちろん食べ物による体質改善が一番の根本解決でしょうが・・・

 では、今週のワンポイントアドバイスです。

☆*☆━━━━━━━━━━━━━*☆*━━━━━━━━━━━━━☆*☆

 1.高気密高断熱は、寒冷地仕様の家
      ⇒ 熱エネルギーを逃がさないことが最重要!

 2.無暖房住宅は、生活エネルギーだけでも室内を暖める
      ⇒ 夏の対策は、高断熱だけでは難しい?!

 3.夏の熱エネルギーは室内に出来るだけ入れないようにしよう!
      ⇒ 日本の住まいは、断熱から、遮熱の時代へ・・・!?

☆*☆━━━━━━━━━━━━━*☆*━━━━━━━━━━━━━☆*☆

■参考情報 ⇒ http://www.cms-hiroshima.com/clumn/vol_6.htm

   ↑コラム『外断熱と健康住宅』
    (若本が以前書いたコラムに、参考情報があります。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【 編|集|後|記 】

 最近の「マイブーム」は『スカイプ』です。

 以前より関心を持っていましたが、周りに使える人がいませんでした。
 まずは社内や家族で試してみて、かなり使えることが分かりました。

 ノートパソコン用にWebカメラ付きヘッドセットを購入し、
 パソコン画面で「テレビ電話」が使い放題です。

 事務所では「IP電話」も利用していますが、
 基本料金も通話料も掛からない「スカイプ」に軍配が上がります。

 どのようなものかご存じない方もいるでしょうね?

 ■スカイプ(周辺機器メーカー「バッファロー」のサイト)

 ⇒ http://buffalo.jp/skype/

 ブロードバンド環境であれば、画像もスムーズで、
 音声もとてもクリアで、目の前で打合せをしているようです。

 遠方の方との打合せも変わっていきそうです。
 いまや、次々と新しい技術やサービスが出てきますね!\(~o~)/

 しかし、わが家のマイブームは少し古いパソコンゲームです。

 十数年前に買っていた「シムシティ」や「テーマパーク」に、
 わが家の子供たちはゴールデンウィークで見事にハマりました。

 わが家でホコリをかぶっていたマッキントッシュ2台が目覚め、
 子供たちが夢中で自分たちのテーマパークを運営しています。

 子供なりに「金銭感覚」や「経営感覚」を身に付けるにはいいゲームです。
 テレビゲーム禁止のわが家でも、当分目をつむる予定です。

 それにしても、5年間も立ち上げず廃棄も考えた15年前のマックが、
 今も現役で使えるのには驚きです!!

 わが家は現役で使えるパソコンがマック2台、ウィンドウズのデスク2台、
 そしてウィンドウズのノート2台・・・
 (仕事用はもちろん別です!)

 ちょっと妻もあきれ気味?!(笑)

 では、また再来週お会いしましょう!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

☆☆――――☆――――――――――――――――――☆―――――☆☆
Copyrightc 2007 W's Network, Inc. All right reserved.
無断転載を禁じます。
☆☆――――☆――――――――――――――――――☆―――――☆☆

ページトップへ

バックナンバー一覧


Since2002 ©W's Network.co.,ltd. All rights reserved.

住宅CMサービス広島のホームページへ