経済設計と競争見積によるコストダウンでローコスト(省コスト)な一戸建て注文住宅の建築をサポート。欠陥住宅の心配ゼロへ!広島限定サービス

住宅CMサービス広島
無料Eメールセミナー
「失敗しない家づくりのための5つのポイント」
お名前:
E-mail:

長年、住宅業界で活動してきた 中小企業診断士、若本修治が5回にわたり、メールでミニセミナーをお届けします。
詳しくは>>

着工前ならまだ間に合う!
小冊子私たちの家だけは欠陥住宅にしたくないという方への処方箋!!
7つの自己防衛策をまとめました。
小冊子(PDF版)はこちらから>>

お知らせバックナンバー
家づくりを始める人へ
つとむ君家のマイホーム大作戦
CMサービスとは?
サポートの流れ
ちょっと贅沢?なサービスとは
私たちが決めた理由
7つの疑問へのお返事
よくある質問
施工事例紹介
メルマガ
お役立ち家づくりコラム
メディア掲載情報
コンシェルジェの横顔
お問合せ・資料請求 住宅CMサービス滋賀 住宅CMサービス京都 住宅CMサービス堺・和泉 ▼現場ブログ発信中!
住まいづくりコンシェルジェ出動!現場ブログ発信中!

私たちが決めた理由

061 H様邸 (家族構成:3人,建築地:広島市南区)

H様ご家族
竣工 H23年06月 延べ床面積 35.2坪
建築工法 在来軸組工法 入札参加 5社
瑕疵保証 (財)住宅保証機構 施工企業 旭ホームズ(株)

住宅CMサービス広島を選ばれた理由をお聞かせください。

結婚し子供も生まれ、そろそろ自分の城でも持とうかと土地探しや住宅展示場巡りなどを始めた矢先、インターネットで情報収集をしていたら、大手住宅メーカーに対するかなりネガティブなサイトを見つけてしまい、そこを閲覧するうちに、ホントに一生で一度の家作りを任せて大丈夫か?という思いになりました。
そんな思いから「これはキチンと施工管理して貰えるサービスを捜さないと」と考え、情報収集している時に、住宅CMサービスのサイトに出会いました。

当初は施工管理をメインに考えていたのですが、住宅CMサービスのサイトを閲覧していると、プランニングから工務店の入札、そして施工管理まで、家作りを初めてされる方をトータルにサポートして頂ける画期的なサービスだと直感しました。

私自身は余り人と会って積極的に話したりするのが得意な性格ではないのですが「一生に一度の家作り、キチンとお会いしてホントにこのサービスが有用なのか確かめたい」と考えて、メールで連絡をすると、すぐに「一度、事務所に来て下さい。」との返信を頂き、直接お会いしてお話を聞く事が出来ました。

後日、会ってお話を聞くと、私のどのような質問にも正確かつ的確に答えて頂き、このような方が提供されているこのサービスは本物だと確信して、利用させて頂く事にしました。

実際に利用されてみていかがだったでしょうか?

他の方も書かれてますが、ホントにしつこい勧誘等、一切ありません。
このサービスに触れていくにつれ、またコミュニティサイトなどで情報を閲覧するにつれ、このサービス自体、しつこい勧誘等する必要が一切ないサービスであることがわかります。

利用者がマイホームに求める物を、プロの腕で巧みにプランニングして頂き、それを地元の優良工務店に同じ土俵の上で見積りして頂き、各社との面談を経て工務店の選考をし、施工管理して頂ける。

住宅メーカーの様に、今の流行はこれですからこのオプションをつけましょう、とか、こうしておけば将来安心です、とか言葉巧みに建築費を水増ししていく必要がないのです。だからこのサービスがしつこい勧誘をする必要がありません。

常に私達利用者のサイドに立って頂いて、家の仕様や設備などで迷った時は、的確な情報を提供して頂けます。もちろん、これがベストです、絶対にこれがいい、という押し付け的な情報提供ではありません。

私は換気システムについて、どのような方法がいいのか?随分と悩みましたが、換気システムに詳しい他県のコンシェルジェの方にわざわざ問い合わせして頂き、情報提供して頂きました。何事でもそうですが、最終的には利用者が納得して、一つずつ家作りの事を決めていく、そしてその為の手助けをしてくれるというスタンスは、住宅建築の右も左もわからない施主から見れば、ホントに心強いものです。

また、私達は土地探しも併せてお願いしていたのですが、当初私達が希望していた地域ではなかったのですが、住宅CMサービスで紹介して頂いた土地を気に入り、無事土地の取得まで漕ぎ付ける事が出来ました。

どうやら私達の土地仲介が住宅CMサービスでの土地仲介第一号だったようですが、終始、親身に私達の希望を聞いて下さり、また、こちらが不安視する点も包み隠さず、情報提供して頂けました。

一般の不動産屋さんのように、とにかく売って仲介手数料取ってナンボ、というようなスタイルではなく、あくまで施主が希望する土地を十分に納得して購入して頂くというスタンスなので「他の買い手が見つかりそうですが、、、」とか「出物ですよ」とかといった、嘘かホントか判らない様な営業トークもなく、納得するまで十分考えて、土地取得できると思います。
土地から探されて家作りをされる方には、是非利用されて損する事はないサービスだと思いますし、仲介手数料も一般の不動産屋と比べて、非常に良心的なものになっていると思います。

家づくりのスタートで困ったことは何でしたか?

土地探しと、住宅ローン契約です。

土地探しは、結果的に住宅CMサービスで気に入った土地を紹介して頂けたので良かったのですが、個人が一般にネット等で出回っている情報で気に入る土地を探すのは、かなりの根気と現地に赴く根性が必要になってきます。ネットでいいなと思って実際に現地に行くと、車の離合も出来ない様な細い道を通った挙句、敷地の横が崖のような山奥に連れて行かれたりする事はざらです。その点でも、土地の仲介サービスが始まったのは良かったと思います。

それと住宅ローン契約は、少しでも安い金利をゲットしようとネット系の金融機関でローンを組んだのですが、事務系の仕事をしている私でも、書類を全て作成するのに物凄い時間が掛かりました。
また、書類を送付してからも受付だの審査だので、融資が受けられるかどうかの回答が得られるまで、二週間近い日にちがかかり、もし融資が受けれなかったらどうしようと不安な日々を過ごしました。

当サービスを利用する前に対応された住宅会社と比較して、
特に違った点があれば教えて下さい。

住宅展示場に2回ほど行きましたが、一回目はいくらの年収なら建てられるんだろうという様な立派なモデルハウスで、じっくりねっとりマークされ、気づいたらコーヒーを頂きながら私達の予算のリサーチ、二回目は営業マンの家庭の身内話をひたすら聞かされながら、モデルハウスの二階にも案内されず、ホントに建てる気があるのか?と疑いたくなるような、応対をされました。唯一、住宅CMサービスより良かったのは、帰り際にクジを引いて「タジン鍋」をゲットした事ぐらいです。

これから家づくりをスタートする人に、先輩としてひと言

あらゆる事に余裕を持つ事です。特に時間と予算。
何事も焦って決めてもロクな事にはなりませんし、予算ギリギリで組込んでも、トラブルに対処できなくなります。土地もしかり、家の間取りもしかり、設備仕様もそうですし、ローンの金融機関の選定から、施工工務店の選択まで。どの点をとっても「何とかなるわ」で何とかなるものはありません。後悔しないように一つずつ時間と予算を見比べながら、順序立てて慎重に決めていきましょう。

迷ったり悩んだりしたら、すぐ住宅CMサービスに相談です。
支払った利用料を取り返すぐらい、住宅CMサービスを利用して下さい。夢のマイホームが建つ頃には、もはや何も相談する事がない様な状態になります。実際、我が家の場合、上棟してからは一度も相談することもなく、家作りは進んでます。

そして、自分自身もしっかり情報収集して、マイホーム作りを勉強して下さい。
そうすることで、自分自身がどんな家を建てたいのか?という事が見えてくるようになります。
断熱重視なのか気密重視なのか?日当たりは?風通しは?収納は?キッチンは?ユニットバスは?デザインは?冷暖房は?天窓は?ホントにあげればキリがないほど、こだわる点があるはずです。
そういったこだわりをキチンと若本様に訴えられるように情報収集しておく事はとても大事です。折角の注文住宅です、可能な限り「注文」をたくさん付けた家作りにしましょう。「注文」を付けたその分だけ満足度の高い家になるはずです。

ご要望や今後への期待があればお聞かせください。

全国的にまだまだ、こういった形の家作りが広まっていくには、時間が掛かるかと思いますが、利用された方の顧客満足度という点からみたら、この形態をしのぐ様な、他の家作りのスタイルがあるのか?と言いたくなるほど、素晴らしいサービスだと思います。施主からも工務店からも信頼される優秀なコンシェルジェの方を捜すのは大変な事だと思いますが、一人でも多くの方に、この家作りのスタイルを広めていってほしいと思います。

私達夫婦から見たら、大変多忙な日々を過ごされてますが、くれぐれも健康だけには留意して、これからも頑張って下さい。

<運営者からのコメント>

最初にご相談いただいたのが昨年の7月半ばだったので、ほぼ10ヶ月で、土地探しからスタートしてプラン申込み、入札、工務店の比較、工事契約、着工、棟上げと比較的順調に進み、間もなく完成ですね。

最初にご相談を受けた時に「大手でも欠陥を建てている」というネガティブな情報ばかりネットで目についたので、疑心暗鬼に陥ってしまったということでした。奇しくも米国で日本が世界に誇る高品質企業『トヨタ自動車』がリコール問題に揺れ、米国議会で豊田社長が証人喚問されていた時期でした。

当時の返信メールに私は以下のような説明を加えていました。

欠陥住宅の問題は、ネット上にある通り企業規模の大小に関わらず、全国どこでも起 きています。

トヨタ自動車のアメリカでのリコール問題も「成長を急ぎすぎた」と豊田社長が記者会見をしていましたが、製品化された製造物とは違って、立地条件や気象条件の違う「住宅」を、ノルマを持たされた営業マンがひとりひとりの営業スキルで契約を勝ち取るような営業手法をしている限り、約束と違うことや無理なコストダウンが現場に悪影響を与えることは少なからず発生してしまいます。

住宅会社は、マスコミにとっても「重要なスポンサー」なので、よほどでなければニュースとなることはありませんが、残念ながら営業の前線では「ズルしても契約をとったもの勝ち!」なのが実態です。

1年後、トヨタ自動車は「電子制御システムには問題がなかった」と、米国の運輸省がNASAとの共同調査で結論付けられましたが、個人住宅の建築工事は、大規模リコールもなければ国交省が調査することもありません。悪意を持って欠陥住宅を造ろうとしている人はいませんが、会社の利益のため、技術的知識の不足などによって、欠陥住宅の問題は後を絶たないのが現状です。

ちょうど宅建業免許を取得した頃に相談をいただいたので、結果として「土地仲介第一号」のお客様となりました。見つかった土地は旗状地の奥の敷地でしたが、立地条件も良く価格もかなりリーズナブルで、しかも価格交渉も可能だったので、問題は「そこにどのような注文住宅が建てられるか・・・?」に移っていきました。

弊社サービスは、土地探しや建築検査(インスペクション)など住宅取得の一部のみをサポートするサービスではなく、建築の計画段階から竣工に至るまでトータルにサポートするサービスなので、ご希望のシンプルモダンの家も実現できました。水害危険区域ということもあって、高基礎にもされたので、床下空間に収納スペースが出来たり、お隣と目線の高さが変えられるなど、注文住宅ならではのメリットも享受できました。
また換気の疑問は、京都在住のコンシェルジェで『住宅CMサービス京都』の高田さんに詳しく解説してもらったので、工務店に換気システムをお願いする時の参考になったようですね。

工事直前に発生した「サッシの耐火性能不足の問題」の解決の目処がついたころ、東日本を襲った大震災により、資材調達が不透明になった時期もありました。しかし、工務店側の迅速で丁寧な対応により、大きな不安なく完成にこぎつけることが出来そうです。住宅ローンは、手続き面だけでなく、つなぎ融資の金利負担など、日頃あまり体験することのない面倒さもつきまといますが、人任せにしないことで余計なコストが省けてローンの仕組みも十分わかったことと存じます。

大手ハウスメーカーに依頼するよりも手間隙掛かった「家づくりプロジェクト」ですが、ご夫婦でしっかりと取り組まれたので、入居後も愛着のある家として、家族が長く暮らせる家になると期待しています。

入居後インタビューへ

<< 前のお客様へ │ 次のお客様へ >>

[ リストへ戻る ]

このページの先頭へ▲
ダブルスネットワーク株式会社
〒730-0802 広島市中区本川町2-5-17 ウィニーズ本川町 703号室
TEL:082-297-5026 FAX:082-297-5027