経済設計と競争見積によるコストダウンでローコスト(省コスト)な一戸建て注文住宅の建築をサポート。欠陥住宅の心配ゼロへ!広島限定サービス

住宅CMサービス広島
無料Eメールセミナー
「失敗しない家づくりのための5つのポイント」
お名前:
E-mail:

長年、住宅業界で活動してきた 中小企業診断士、若本修治が5回にわたり、メールでミニセミナーをお届けします。
詳しくは>>

着工前ならまだ間に合う!
小冊子私たちの家だけは欠陥住宅にしたくないという方への処方箋!!
7つの自己防衛策をまとめました。
小冊子(PDF版)はこちらから>>

お知らせバックナンバー
家づくりを始める人へ
つとむ君家のマイホーム大作戦
CMサービスとは?
サポートの流れ
ちょっと贅沢?なサービスとは
私たちが決めた理由
7つの疑問へのお返事
よくある質問
施工事例紹介
メルマガ
お役立ち家づくりコラム
メディア掲載情報
コンシェルジェの横顔
お問合せ・資料請求 住宅CMサービス滋賀 住宅CMサービス京都 住宅CMサービス堺・和泉 ▼現場ブログ発信中!
住まいづくりコンシェルジェ出動!現場ブログ発信中!

広島市東区で実際に行った『部位別見積書』による入札結果です。

部位別見積書の明細はこちら

■工事グループ内訳書 延床面積[37.5坪] ※2003年実施事例
No.
工事名称
A社
B社
C社
D社
平均
(構成比)
[1] 仮設工事
540,853
504,884
750,857
599,618
599,053
(2.6%)
[2] 土工・基礎工事
1,074,176
1,041,390
1,060,668
1,878,120
1,263,588
(5.6%)
[3] 躯体工事
3,082,131
5,833,422
5,170,159
4,921,272
4,751,746
(21.1%)
[4] 屋根・外部仕上工事
2,636,678
3,039,656
2,257,459
2,362,398
2,574,048
(11.4%)
[5] 内部仕上工事
1,915,323
1,295,707
1,462,820
2,082,902
1,689,188
(7.5%)
[6] 開口部・建具
1,929,938
1,883,856
1,519,450
2,787,991
2,030,309
(9.0%)
[7] その他工事
624,242
370,706
626,572
1,078,793
675,078
(3.0%)
[8] 建築設備工事
3,331,640
3,031,600
4,319,935
3,845,340
3,632,129
(16.1%)
【建築本体工事】
15,134,981
17,001,221
17,167,920
19,556,435
17,215,139
(76.5%)
  ※坪単価(参考まで)
(403,599)
(453,366)
(457,811)
(521,505)
(459,070)
[9] 附帯工事
1,200,000
1,483,646
1,050,000
1,244,549
(5.5%)
[10] 附帯設備工事
492,100
1,116,000
804,050
(3.5%)
[11] 設計管理費
1,544,000
800,000
1,420,000
1,694,000
1,364,500
(6.0%)
[12] 運搬諸経費
554,000
140,000
1,850,000
600,000
786,000
(3.4%)
  合計見積金額
17,232,981
19,633,321
21,921,566
24,016,435
21,414,238
(95.2%)
  消 費 税
861,649
981,666
1,096,078
1,200,822
1,070,712
【総 合 計】
\18,094,630
\20,614,987
\23,017,644
\25,217,257
\22,484,950
 
▼最安値との差額

▲2,520,357

▲4,923,014

▲7,122,627

▲4,390,320

19.5%
(金額:円)

※ あくまでも、ひとつの事例なので、ご要望や建築条件によって金額は異なります。
※この建物のグレードは、中の上程度の「自由設計による注文住宅」です。 ローコスト仕様ではありません。

《見積書の解説》

同じ間取り、共通の見積書書式ながら、各社の特色を生かした提案をもとに見積書を提出してもらいます。

A社は、自社の得意とする「2×4工法」の提案。屋外給排水工事などは、本体工事に含まれているため「付帯設備工事」はゼロ。外構工事などの「付帯工事」は別途です。「2×4」の耐震性と気密性、基礎断熱とペアガラスの採用で、基本性能は押さえたうえで、コストを抑えた分、オプションとして「外断熱」も別見積で提示しました。

B社は、構造躯体に特長を出しました。土台に樹齢百年ものの目の詰まった「豪州ヒノキ」の4寸角を採用。
二階の梁も通常の2倍のピッチで小梁を配して、木材の材積は通常の在来工法の1.5倍です。グループで共同仕入れをしているので、建材の仕入れ価格が安く収まるのもメリットです。

C社は、大工からスタートした社長が15億規模までした会社。専属で「手刻み」ができる大工4組を抱えていることが自慢で、プレカットを使わない昔ながらの「手加工」の在来軸組み工法の提案です。住宅設備機器はもう少し廉価なものでも、構造体に関しては譲れない、一本筋の通った見積でした。

D社は、断熱性能を重視して自然素材の「セルロースファイバー断熱材」や開口部に樹脂のペアサッシを提案したため、[6]の開口部・建具工事や[7]のその他工事が突出しています。事前に予算を伝えていないため、価格の競争ではなく、性能や自社の得意工法での差別化提案です。

見積書には、「金額」だけでなく、各社の「家づくりに対する姿勢」もうかがえます。 どのような性能を特長としているのか、どこが他社と違うのか、各社の経験が「仕様書」に反映します。

弊社の「競争入札」は、価格競争を目的としているのではなく価格はあくまでひとつの判断材料としています。
各社の家づくり思想が反映している「見積書」と「仕様書」を比較することで、施主のパートナー選びの第一段階がようやくスタートです。

家は「人がつくる」ものです。

決して価格だけでは判断できません。
価格も、性能も、施工企業も「比較できる判断材料」を提供することが「競争入札」の目的です。


■平均入札坪単価の推移 ※建築本体工事のみ集計
平均坪単価 2005年対比 同左差額 平均坪数 坪50万円
超比率
備考
2005
446,033
100%
-
37.9坪
14.3%
 
2006
451,356
101%
5,324
39.5坪
20.0%
 
2007
542,787
122%
96,754
43.2坪
71.4%
耐震偽装による厳格化
2008
504,458
113%
58,425
36.8坪
57.9%
 
2009
498,687
112%
52,654
42.7坪
37.5%
長期優良住宅増加
2010
537,192
120%
91,160
43.7坪
76.9%
木の家木のまち補助事業
2011
532,176
119%
86,144
40.1坪
87.5%
 
2012
542,715
122%
96,682
43.9坪
91.7%
 
2013
570,260
128%
124,228
45.9坪
100.0%
 

注文住宅の建築は、立地条件(敷地形状や地盤強度、上下水道等のインフラの整備状況、用途地域や耐火基準等の各種規制)および施主の意向(照明器具やエアコン・アンテナ、カーテン等の付帯設備工事)等によって、総額は大きく異なります。 上記は立地条件や施主の意向に大きな影響を受けない『建築本体工事』に関して、入札された見積の平均価格を集計、その金額を2005年当時と比較することで、弊社サービス利用者の「建築費の推移」を把握してみました。

坪45万円程度で注文住宅が可能だった2005年当時と、耐震偽装が発覚し基準法が厳格化、三階建て住宅の確認申請が数か月ストップした2007年や、長期優良住宅の制度化により、耐震等級や省エネ性能のUP、構造計算資料の添付など、コストアップ要因が増え始めた2009年など、木造建築価格の推移がよく分かります。あくまで「入札価格の平均」なので、実際の発注価格とは異なります。


利用者の声 | 業務の流れ| はじめての相談 | 施工現場 | よくある質問 | ビデオセミナー | メールセミナー
このページの先頭へ▲
ダブルスネットワーク株式会社
〒730-0802 広島市中区本川町2-5-17 ウィニーズ本川町 703号室
TEL:082-297-5026 FAX:082-297-5027