広島で「家づくり」のお悩みごとを丁寧に解決していく(コンストラクション・マネジメント)CMサービスです。

メールでのお問い合わせは24時間受付中!
12時間以内にお返事差し上げます!

土地・業者選びのポイント

2020.10.10 Vol.15_No.24

広島の団地シリーズ-Vol.05_安佐北区JR安芸矢口駅周辺の団地群

1915年に芸備鉄道の矢口駅が開業し、1937年に改称されたJR芸備線の安芸矢口駅周辺には昭和40年代(1960年代後半)から団地が続々と造成されました。
安芸矢口駅は広島市中心部より北東に約8キロ離れた位置にあり、広島駅からはJR芸備線で3駅目の停車駅となる比較的通勤に便利な場所といえます。

口田には翠光台団地(4丁目と5丁目、1973年完成)、はすが丘団地(2丁目と3丁目、1977年完成)、落合南1丁目一帯には城ヶ丘団地(1970年完成)、口田南にはふじランド(4丁目、1971年完成)、梅園団地(7丁目、完成年不明)、矢口ヶ丘団地(8丁目と9丁目、1984年完成)があります。のちに高陽ニュータウンと呼ばれる大規模ニュータウンがこの奥に開発され、人口が急増していきます。

 

安芸矢口駅周辺変遷_1

 

上図の1962年当時の写真には赤い印の安芸矢口駅周辺には、平野部には村落や田畑がありますが、団地はなく丘陵地が広がっています。

 

安芸矢口駅周辺変遷_2

 

1960年代後半に入り、団地開発が始まり、徐々に団地が出来ていきます。
城ケ丘団地の開発が始まり、ふじランド、梅園団地の開発が続きます。

 

安芸矢口駅周辺変遷_3

 

1970年代に入り、翠光台、はすが丘団地の大規模団地が造成され、人口の増加も著しくなります。
1973年には高陽町一帯が広島市に合併され、1980年に安佐北区となります。

この頃には落合、倉掛、真亀、亀崎の地区で造成された団地・高陽ニュータウンの入居も始まり、人口もバスも増えて、活気づいていきます。

 

安芸矢口駅周辺変遷_4

 

1980年代に入り、矢口が丘団地も完成して入居が始まっています。

一家に1台と車社会になり、高速道路も完成して、中心部にも郊外にも行きやすくなりました。
更に高陽町方面の団地が増えていく中でバスの本数も増加して、ますます交通の便は良くなっていきました。

 

広島市の人口・世帯別データには1986年より現在の住居表示である口田や口田南という町名が表示されるようになりましたが、それ以前までは、昔からある村や部落の名前や高陽町城ケ丘、高陽町翠光台など団地名が町名として表記されていました。(下表参照)

 

安芸矢口駅周辺町名変遷

 

下の表は団地群の人口・世帯数になります。
人口は2005年をピークに減少しています。

世帯数が増加している一方で、高齢人口の割合が30%以上となっており、団地群の高齢化が進んでいるのがわかります。
世帯数の増加の要因は、古い団地の1区画を分割して販売していることにあります。

 

人口・世帯数_安芸矢口周辺の団地群

 

安芸矢口駅周辺の団地群の中で、ふじランド(口田南4丁目)だけはここ20年の間に人口が増加傾向にあります。
1986年の時点をピークに人口は一時減少しましたが、他の団地がずっと右肩下がりで減少傾向にあるのに対して、増えてきているというのはとても珍しいといえます。

下の図のように土砂災害警戒区域も少なく、小規模団地で保育園や小学校、中学校が徒歩圏内と比較的近いのが要因としてあるのかもしれません。

 

地質に関する図_安芸矢口駅周辺

 

2年前の平成30年7月豪雨災害では、安芸矢口駅周辺は冠水して、口田南(3丁目、5丁目)では死者が出る被害がありました。この時は、広島県内のあらゆる地域でたくさんの被害が出ました。

山と川、海に囲まれた広島では、絶対的にここは安全と言いきれる地域はない・・・というのが、現状です。

 

H26年土砂災害風景

口田2丁目から太田川越しに見た八木地区の土砂災害2日後の写真(平成26年広島土砂災害)

 

つい最近関東の方で、住宅のすぐ前の道路及び敷地内の車庫が陥没したニュースがありました。トンネル工事が要因ではないかと言われていますが、まだ特定はしていません。

工事一つでも住宅には何かしらの影響はあります。

盛土、警戒区域、立地、利便性などの土地選びのポイントも重要ですが、同時に浸水しないような対策(基礎高にする等)をする、周辺の工事など外的影響にも最小限の負担になるようなしっかりとした土台、基礎を造ってくれる工務店を選ぶなど安心した家づくりをすることが快適に長く住み続ける最大のポイントになります。

※航空写真は国土地理院より参照。

 

※参考事例

団地群の一角で当社サービスを利用して建てられた住宅

M様邸_口田

お客様の声を頂いています。

私たちが決めた理由 「037 M様邸 二十代のご夫婦が安心して選んだ住まいづくりのコンシェルジェ」

 

 

JR安芸矢口駅
JR安芸矢口駅
一覧に戻る